愛する人のために、日本人必読のブログ

自分を、家族を、愛する人を守るために、このブログは、日本人の必読です。
放射線の基準値、学校の休校、汚染区域の設定等、政府も、ものすごく遅ればせながら、この人の言うとおりに動いてきています。
今後は、ヨウ素・セシウム以外の測定値の公表が行われ、福島のがれきの拡散はいけない、測っていない物を食べてはいけない、ということが実現に移されていくでしょう。
武田邦彦 (中部大学教授)takedanet.com

“愛する人のために、日本人必読のブログ” への5件の返信

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も、次々と緩和される放射能の基準や、風評被害といった言葉のまやかしに憤りを感じていましたが、武田先生のブログを拝見してその憤りが間違いではない事を確認できました。これから気をつけるべき事やリスクを減らす方法が具体的に書いてあり大変参考になりました。私のブログでも武田先生のブログを紹介させて頂きたいと思います。

  2. SECRET: 1
    PASS: 655d940a681815791b2483dd72f063c5
    福島汚染牛の宮崎での流通を食い止める為に、何か協力しませんか?私はただの専業主婦で、どうしたらいいのか何も知らなくて、リーダーシップも取れません。2ちゃんねるでも「宮崎県民、早く立ち上がって下さい」と書き込まれています。直接杉田さんと連絡取れるように、非公開コメントにしてメアドを書いておきました。

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    私も福島の農業畜産業の方々が、安全な食を提供する誇りを取り戻す為にも、しばらく宮崎などの西日本に疎開して働ければいいのにと思っていました。
    今は福島から食を提供する時期ではなく、封じ込めて除洗する時期ですよね。ツィッターで東国原前知事から現知事に打診されている履歴を見つけました。そして宮崎と北海道が受け入れ表明をし、もう北海道も宮崎も牛を移動し終わった酪農家があります。宮崎や北海道には飛んで来なかったプルトニウムやストロンチウムを、20km圏内で大量に蓄積した牛達が種牛として引き取られています。
    うちは1歳と4歳の子がいて、幼稚園では給食を食べています。子どものことを考えると、もう毎日頭が変になりそうです。
    私はこの情報を、2ちゃんねるの緊急自然災害板の「福島の牛 1万頭を他所へ移動」というスレッドで知りました。もっと詳しい内容が書かれていますし、ここに書ききれない記事等も貼付けてくれています。一度目を通されて下さい。現在スレッドは1と2があります。
    私達に何ができますか?一緒に何かできることはありますか?誰に掛け合えばいいのでしょう?是非Facebookで世界にSOSを呼び掛けて下さい。

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    綾さま、はじめまして。
    貴重な情報を頂き、ありがとうございます。
    私も、このような受入表明がなされていることは、全く知りませんでした。
    強制疎開を余儀なくされている方々を、村ごと、町ごと、まとめて宮崎で受入られないかと考えていましたが、牛・豚は論外です。
    もう、体内にたっぷりと放射性物質を取り込んでしまっている牛たちです。外から、放射線量をはかるという、全くの見当違いの対策を立てて、それがOKならば、その肉を販売しかねない勢いですね。
    とんでもないことです。
    せっかく立ち直りかけている宮崎の酪農・畜産に、風評被害をわざわざ持ってくるような物で、まったく受け入れることは出来ません。
    何とか、立ち上がらなければなりませんね。
    綾さまの、貴重なご意見を、このブログなどより影響力の大きい、Facebookに転載させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?

  5. SECRET: 0
    PASS: 655d940a681815791b2483dd72f063c5
    ここで武田先生のブログを教えて頂いてから毎日読んでいます。とても参考になります。ありがとうございます。震災以前から武田先生はテレビなどで「温暖化など起こっていない!」という過激な発言をされていて、存じ上げていました。その時は「温暖化そのものの存在を否定するのは現実的ではないな」と思っていたのですが、今となっては武田先生の信念の強さに助けられています。特に「さらば!」というタイトルの記事は、思わず涙しました。
    ところで宮崎に住んでテレビも見ているのに、今頃こんな宮崎の4/23のニュースを見つけました。私の周りでこの事実を知っている人は誰もいません。せっかく宮崎の酪農が復活しようと頑張っているのに、受け入れてしまっては全国からの不買が進みます。福島で汚染されたものは福島原発へ返す、移動させてはいけないと武田先生もおっしゃっています。口蹄疫の時は前頭殺処分して頑張った宮崎は、福島に殺処分を強要できるのではないでしょうか?私達は、知事へ抗議のメールくらいしかできないのでしょうか?
    http://infosecurity.jp/archives/9421

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です