石川の農口(のぐち)金の大吟醸 ジュブレ・シャンベルタン2009 ギャラクシーホップ

夜は敬老の日で、自宅で寿司パーティ。
ビールは製造終了のキリン・ギャラクシーホップを、小林のコンビニで発見して買い占め!
日本酒は石川の農口(のぐち)金の大吟醸、三万円。ワインはジュブレ・シャンベルタン2009です。
お寿司は、三時間待ちの寿司虎でした。

宮崎ジュニアオーケストラの50周年定期演奏会で、川田知子さんのバイオリン他素敵な演奏も聴け、いい連休となりました。

クリスボッティの楽屋ご招待

私の一番好きなトランペット、クリスボッティのライブに、娘夫婦が行くって、羨ましがってたら、100万人目の客に当たって、クリスボッティの楽屋ご招待だって!

何と、運の良いこと!
羨まし×2 😳😩

オペラ「鬼八」 オーケストラピットと指揮者

宮崎県オペラ協会主催、オペラ「鬼八」の2日間の公演が無事終了しました。
高千穂伝説を題材にした宮崎県民の手によるオペラ公演は、すばらしい出来でした。

二日の公演で、キャストも指揮者も変わり、同じ題材でも、これほど変わるものかと、感心いたしました。

今日は、ほとんどの人は、一生入ることのない、宮崎市民文化ホールの、オーケストラピットのトロンボーン席にご案内します。

舞台上手(舞台の右側)の袖にある、普段は開くことのない秘密の階段を降りていくと、いつも有る客席が、そのまんま地下に収納され、逆側にオーケストラピットへの入り口があります。

そこを入ると、舞台より3メートル位低い位置にピットが有り、一番後ろがトロンボーンの席ですよ!

オペラでは、指揮者だけが、舞台とオーケストラ双方を正面から見ながら、舞台上の歌手とオーケストラに合図を出し、演技・歌・オーケストラの調和を図りながら曲を進行させていきます。

オペラの指揮者は、二時間以上のオペラの楽譜を頭に入れ、進行していく舞台にリアルタイムで対処(まさに指揮)していく、並外れた集中力を要する、常人には務まらない大変なお仕事ですよ。
オーケストラは、舞台上で何が起きているか全く分からないので、指揮者の棒が、唯一の指針となります。
指揮者が間違うと、舞台と音楽の双方が崩壊します。(≧Д≦)

オペラの指揮、やってみたいですか?

室内楽コンサート そつたく 五番屋

昨夜は、楽しみにしてた、室内楽のコンサート。
私の一番好きな、モーツァルトの五重奏を初めて生で聴きます。しかも、大好きな川田知子さん始め、日本を代表する豪華メンバーで!
緊張感の高い素晴らしい演奏でした。

その後は、当然ながら、近くの「そつたく」で、美味しいお料理を堪能。遅くまで、大いに楽しみました。

台風の接近する今日のお昼は、またまた、五番屋さんで、200g ロースステーキにガーリックライス!

実家の老父の家の修繕をし、楽器の練習をして、ジムでバレトン・筋トレをし、結構くたくたな一日でした。