福島の子供に放射能を浴びさせることについて

子供に対しても、年間20ミリシーベルト以内の放射線区域での、授業再開について、市民団体が、文部科学省に対して、撤回を求める集会を開いています。
まったく、あり得ない政府の措置に対して、当然なさなければならない抗議行動です。
『「20ミリシーベルト」撤回要求対政府交渉「文科省、原子力安全委員会との交渉」』, Recorded on 11/05/02
しかし、敢えて意見を言わせて下さい。
日本の政治や官僚組織が狂っている、使い物にならないのは、これは明白なことです。これを正していくことはとても大切なことです。しかし、その是正されるスピードは月単位でしか動かないことも事実として認識する必要があります。
問題は、子供を誰が守るかと言うこと。
自治体が守る。教育委員会が守る。校長が守る。教職員が守る。みなそれぞれに責任を果たさなければなりません。しかし、直接的に子供を守るのは、親しか居ないのです。
自分だけ安全なところにいると白い目で見られるというのは、東京でも起きていることです。日本人の災害時の忍耐強さは素晴らしいものがありますが、他方、堪え忍ぶことを他人に強制する暗い側面も持っています。
皆、被害者です。被害者としての意識・連帯も、堪え忍ぶことと同様に大切なこと。一人一人の人権・思想を尊重することも、当然のこととして守られていかなければいけません。
今やるべき事は、どんな理由があるにせよ、危険な場所に子供たちを置いてはいけないと言うこと。
疎開地から戻らない、学校に登校させないという、子供の安全を確保した上で、自治体には即刻校庭の土の除染を行うまでは、登校させないと皆で言い切る強い親の意志では無いでしょうか。東京電力は、すべての対象の学校の除染活動を今すぐ実施せよと、強く世論を動かすことではないでしょうか。
モニタリングをして基準値を決めるという文科省の言い分が、「順序が逆」であることは間違いありません。同様に、子供を登校させておいて、改善を国に求めるということも、「順序が逆」ではないでしょうか?
とにかく、集団登校拒否を今すぐ実施することが、何よりも優先されるべき施策です。
その上で、除染が実施された学校から、モニタリンクを実施し、安全が確認された後、粛々と授業を再開させるべきではないでしょうか。
子供の命が「的」になっている「戦時」において、授業が少々遅れることなど、比較すること自体「ヒューマニズム」に反する考え方だと私は感じております。
学校に行かないことを悩む子供に対しては、この事の重要性の大きさを、皆で、根気よくしっかりと説得していくことが必要で、ここで「情」に流されてしまっては、取り返しが付かなくなる「可能性がある」ということを、まず大人が皆で意識を統一していくことが大切ではないでしょうか。
場合によっては、「司法」の場に、ステージを移していくことも必要かと考えます。
法律・憲法に反して、「人権」が尊重されてない、国・自治体・東京電力の対応に対しては、検察への告発・行政訴訟・民事訴訟等、使える手段は使っていかなければ、役人・東電たちは「当事者」として行動していかないでしょう。
また、海外の関係機関・国連組織・アメリカの保健省あたりの「行動指針」等についても、広く助言・勧告を行ってもらうべく働きかけていくことも重要だと考えます。
私は決して、「部外者」として勝手な意見を申し上げるものではありません。
同胞として、子を持つ親として、真剣に、皆様と一緒に悩み考えている一人であることをどうぞご理解ください。

愛する人のために、日本人必読のブログ

自分を、家族を、愛する人を守るために、このブログは、日本人の必読です。
放射線の基準値、学校の休校、汚染区域の設定等、政府も、ものすごく遅ればせながら、この人の言うとおりに動いてきています。
今後は、ヨウ素・セシウム以外の測定値の公表が行われ、福島のがれきの拡散はいけない、測っていない物を食べてはいけない、ということが実現に移されていくでしょう。
武田邦彦 (中部大学教授)takedanet.com

原発に関する認識

原発に関して、私は原発推進派でも反対派でもありません。
ただただ、正確な情報を求めたいと思っている一人です。
東京の放射能レベルがほんの少し上がったと言うこと。
健康に被害がないレベルであるというのは、今現在は間違いではないだろう。
ただ、すこしでも数値が上がると言うことは、福島から来た放射性物質が、確実に空気に混じって東京まで飛来していると言うこと。
飛んでいる個数が少ないのか、弱い放射能しか出さない物が多数飛んでいるのかは分からない。
少なくとも、体内に入らなければ問題ないだろう。
体内にはいるのは、1.たまたま飛んでいる放射性物質を吸い込んでしまった。2.放射性物質の付いている食物を食べてしまった。の二つしかないだろうが、一個でも体内に入れてしまうと、マズイ。
福島との距離は、あまり関係ないだろう。
とにかく、新燃岳の灰と同じく、風に乗って細い筋になって流れていき、ある地点に集中的に着陸する。そういうことだから。
だから、各地点に設置してある放射線観測器も、あまり信用できない。
あの機械は、空を飛んでいる放射性物質が放つ「放射線量」を測定している物。
明かりを放ちながら空を飛ぶ「提灯」を想像して欲しい。
その一個一個が放つ提灯の明るさを測っているもの。
少しでも提灯行列が離れれば、明るさは低い。
でも、その提灯は遙か彼方のあなたの服に着陸して、煌々と明かりを放っているかも知れない。
その明るさは、距離の二乗に反比例します。
福島原発からの距離の二乗ではなく、福島原発から放たれた提灯からの距離の二乗ですよ。
この辺の説明は、テレビでは全く報道されていません。
健康被害の出る被爆線量にしても、全くでたらめな報道ばかりです。
パニックを起こさないことと、パニックが少々起こったとしても、国民の生命健康を守ることと、どちらが国が取るべき姿勢でしょうか。
アメリカだったら、強力な権限を持つアメリカ疾病予防管理センターが、国民の避難と被害の予想範囲と情報の提供を取り仕切り、パニックを起こさないように、軍が最大のバックアップを行うという、図式になるのでしょうが、日本では、とにかく「パニック防止」しか言われていません。
情報を出そうとすると「危機感を煽る」と指弾されます。
日本では、最終的に自分自身で信頼のある情報を集め、自分自身で脅威の評価を行い、自分自身で対策を実行に移すということしかないでしょう。
はたして水だけでこれ以上の悪化を防げるのか。
破壊された原発で、水冷機能が復活できるのか。
沈静化したあと、どうやってコンクリート詰めにするのか。
どのくらい広い地域に人が住めなくなるのか。
海洋の汚染はどの程度深刻化したのか。
そして、長期的に見て、白血病、発ガン、奇形児の誕生の状況はどうなるのか。
とてつもない問題を首元に突きつけられました。
それにしても、使用済み燃料があんな所に置いてあったなんて。
使用済みだけでなく、点検中のやつは、バリバリ現役の燃料棒まで。
フタもしてない、むき出しではないですか。
4号機の爆発があるまで、図にも書いてないし、脅威の説明もない。
水素爆発で粉々になる、コンクリートの壁一枚。
ゲリラ御用達のRPGロケットや、航空機の墜落で、あの壁は持つのでしょうか。
昔からの私の望みは、少々金はかかっても、「原発は地下か山腹に作ってくれ」と言うこと。
何で、あんなにも原子炉をむき出しにしておく必要があるのでしょう。
原爆の地下実験のように、原発も何かあったら、最悪でも鉄とコンクリートのフタをして、地中に閉じこめ、少なくとも水蒸気出し放題のような事態とならないようにしてもらいたい物です。
私が、とても参考にしている文献のリンクは、以下の通りです。
何の偏見もなしに読んでみて下さい。
そして、あなた自身で信用に値するという事実のみ、あなたの判断材料となる知識として残しておいて下さい。
http://takedanet.com
http://www.iam-t.jp/HIRAI/pageall.html
http://www.asyura2.com/11/genpatu7/msg/353.html

7.DNAをもてあそび、自ら破滅へと突き進む人類。 

先日、ほうれん草の遺伝子の一部を豚に移植し、豚の脂肪を食用として好ましい物に変えることに成功したとの新聞記事を読みました。 遂に、動物と植物の融合です。 そのうち光合成が出来て日なたにいるだけで物を食べなくてよくなるる豚とか出来るのではないでしょうか。

しかし、いったい人類は生命の根元であるDNAについてどれほどのことを知っているのでしょうか? 現存する生物の持つDNAは、何億年もかけてふるいにかけられて、何億年もの間一度も死ななかった、一度も連鎖の切れなかった、最高にファインチューニングされた超エリートたちなのです。 その中で、安全性や地球上の調和が確認され、それを保つようにたくさんの自己制御機能を内蔵している極めてデリケートなものです。 その中には、個体発生の過程で、原初の発生形態からほ乳類までを歴史を演じさせる機能や、「本能」と呼ばれる記憶情報まで含まれています。
ゲノム解明計画と称してDNAのなぞを解き明かす研究が進んでいますが、これはDNAの持つ情報を人間の言葉に翻訳する作業ですが、そもそもそのほとんどが人間の持つ言葉に翻訳できるものではないと考えるべきで、「線虫の遺伝子情報はすべて解明済み」などと臆面もなく言える科学者はあまりにも軽薄でどうかしています。
遺伝子の中には、人間が及びも付かないような事柄がその大半を占め、その一部分のみ調べさせていただいているのだという謙虚な気持ちで、研究に向かわねば、先ほどの「ほうれん草と豚」のような、とんでもなく危険なことを平気でやってしまう結果になってしまいます。

地球上の生物は、すべて(一部の地中や海中深くにいる火山活動の超高温中で生きている生物は別かもしれません)統一されたDNAの目的・規則の中で生きています。

第一の目的は、DNAを保存し続けること。 究極的には、我々はDNAを保存するためのみに生まれ生きているのです。 こう言うと身も蓋もないようですが、これは絶対的な真理です。

第二の目的は、多種多様なDNAを保存し続けるために調和を守ることです。
先ほどの超高温生物を除けば、地球上すべての生き物は、太陽光線のみをエネルギー源に生きています。 そのために、壮大な植物系・動物系の食物連鎖を作り上げたわけで、この根本的な枠組みはDNA進化の過程で、どうしても崩すことの出来ない前提となってしまいました。 私は、現在のDNAの持つ最大の弱さと、唯一の欠点は、この植物・動物の連鎖体系を作ってしまったことだと考えています。 このような調和を保つためにありとあらゆる仕組み(トラップ)をDNAはそれ自身に内蔵しており、この調和を乱そうとする個体は、そのDNAを後に残さないように死滅するような安全装置を備え持っています。 全体を守るために自滅するプログラムです。
DNAを残すことに寄与しない同性愛にはエイズを、種を滅ぼす危険のある「共食い」には狂牛病(プリオン)を、過度に他のDNAを消費する過食には各種「成人病」を、少し前では、増えすぎた個体を正常値に戻すための、コレラ・赤痢・天然痘・結核というプログラムがありました。 今まで人類は、これらのDNAの警告する調和プログラムを無効にすることにかなり成功してしまったため、個体数は60億にも達し、何十億年にもわたるDNAの歴史の中でも、地球環境破壊による最大のDNA死滅の危機に直面しようとしています。

この先、DNAと人類に残された選択肢は、3つしか有りません。

1つ目は、最も可能性の高い、地球環境破壊による大部分の高等生物の死滅。 残された生物によりDNAは、進化の再出発をするというパターン。
これは、有る意味でDNAの進化プログラムの敗北です。 神(DNA)が創造物(人間)の暴走を止められなかったという、当初の予定外の結末です。

2番目は、DNAのもつ強力な「調和プログラム発動」により、人類のみ死滅。 他の生物は大発展を謳歌するというパターンで、地球にとっては最高の選択肢です。
なぜなら、「今の」人類以上に、地球や他生物に対する破壊を行う者、無知で乱暴で倫理観のない者は、かつて無かったからです。 他の生物に対して、人類ほど過酷な虐殺や食用屠殺を繰り返している生物が、過去居たでしょうか? 他の生物に対しては、生存権を始め、一切の権利を認めていません。

問題となるのは、このDNAの調和プログラムは何かと言うことですが、いま人類を死滅させるほどのパワーのある脅威としては、①天然痘テロ ②プリオン系の脳破壊物質 ③核戦争などがありますが、最も可能性の高いのが、先ほどから話題の「ほうれん草豚」です。
かつて、鉛の鍋でワインを暖めて飲む部族が、鉛の毒性のために不妊症になり全滅した例がありますし、現代でもアルミがアルツハイマーの原因かなどと言われていますが、それほど人間は自分たちにとって何が脅威なのかを見極められないほど頭の悪い生き物なのです。
遺伝子を変えて、リノール酸になった豚を人類が食べ、その他遺伝子組み替えで出来た食べ物を食べて、不妊症にならなかった、どこか疾患にかからなかったという結論は、数世代後にしか分からないでしょう。
今、浅はかな科学者たちの商業主義遺伝子操作で作られた「食物」を食べ、不妊になったら、何と都合のいいことに、10年後には不妊のため出生が止まり、百年後には人類は死滅するではないですか。 タイミング的には、ぎりぎりで地球が救える絶妙さです。 そう考えると、この第2の選択肢が発動するとなるとそろそろと言うことになりますね。
若年男性の精液中の精子数が極端に少なくなりつつある、若い男性の女性化が進行中、若い女性の不妊が増加中、等々、もう兆候が現れてきているのではないでしょうか? 不妊と言うことは、人類絶滅への最も確実な道であると言うことを、もっとしっかり認識せねばなりません。

3番目の選択肢は、人類が自主的に自分たちのすべてを統一して変え、自然と人類が共存できるようなあり方を実践していくと言うことです。
人類の数を瀕死の地球と調和できる数まで減少させ、エネルギーの消費を極限まで減らし、毒性物質の生産投棄を止め、人類が高い知性の元、共通の認識・目的で静かに暮らしていかなければなりません。
しかし、これは21世紀になっても戦争という殺しあいを止める方法すら持たない極めて知性の低い人類が、残された時間のない中、統一して行動に移せるなどということは、世界に極めて知性と見識があり支配力も強い独裁者でも現れない限り手遅れだと思います。
今、科学者・政治家が本気で取り組まねばならないことは、クローン技術で長生きするための臓器移植などを考え闇雲に人口を増やすのではなく、60億の人口をどうやって30億まで短期間にすみやかに減らしていくかと言うこと。 具体的には、中国が漢民族に対して行っている、「一人っ子政策」を、速やかに全世界に強制することが第一歩でしょう。 また、いかに、エネルギーの消費を押さえて一人一人が豊かに自然と調和して生きていけるかを考えることに尽きると思います。 この事について、人類はあまりにものんびりしすぎています。 NGOが政府に取って代わって枠組みを作っていく必要があるかもしれません。

繰り返しになりますが、今の人類の遺伝子操作による危険の創出が、DNAの仕組んだトラップ(罠)かどうかは分かりませんが、「生命」と言うことの定義すら出来ていない人類には、DNAを触る知識も資格も無いという事を肝に銘ずべきです。 また、そうやって出来た食べ物は決して口にするべきではありません。

若干話は道をそれますが、「クローン」技術については、それほど大騒ぎをする必要はありません。 「自分のコピーを作る」などとの大それた話ではなく、『記憶もリセットされた年の違う双子』が生まれるだけです。 ただ、クローンで使用される遺伝子は、「新品」ではなく「中古品」です。 中古の遺伝子で作られた個体が、どれだけハンディーを背負っているかはまだこの先長く見ていかないと、分かりませんし、中古の遺伝子によって新たに受精・誕生する遺伝子がどれだけ傷を負っているかも分かりませんので、クローンで誕生させられた個体はいい迷惑(遺伝子に寿命が有れば、クローンの家系の人は長生きできません!成人病も増えるかも。)かもしまれせんし、その先の遺伝にも不安が残ります。

***

今、家の中でさつまいもを育てているのですが、日の当たる方向にグングン葉を伸ばしていきます。 葉を日光の方に伸ばすためには、茎の根元の方が曲がっていかなければなりません。 脳を持たないイモが、どうして全体の調和を保ちながら(葉っぱは重なりません)、日光に葉を向かわせるために茎を曲げていけるように作られているか、「DNAの中にどういう記載があって、そのためにこれだけの機能を持たせてあるのだ」と、説明が出来るようになったとき、初めて人類は遺伝子を扱えるようになるのではないでしょうか?

DNAを操作することは、原子爆弾を作ること以上に、危険なことなのだということを、はっきり認識しなければなりません。 操作による危機は、次世代以降に、まとまって現れてくるのです。

6.生命・進化・遺伝・自我とは何か? 「ゴースト・イン・ザ・シェル」

近未来のコンピューター犯罪と戦う、サイボーグ警察組織の物語をアニメ化した映画ですが、アニメーションと言って馬鹿にしてはいけません。 この映画から全世界でヒットした「マトリックス」に、随所に引用されているすごい映画なのです。 全編に「ターミネーター」の様な独特の近未来の雰囲気を漂わせ、見ている物をぐいぐい引きつける傑作です。 アニメなんか絶対に見ないと思っている大人でも内容の質の高さには納得するのではないでしょうか。 と言うより、難しすぎて子供には理解できないでしょう。
この物語の中の主要テーマは、1.「意識・自我」というものを進化したコンピューターが持てるのか? 2.人間の脳・機械の体を持ったサイボーグが自己のアイデンティティーに悩み続ける。 3.人間のDNAと同じく、進化のプロセスを持った人工知能プログラムの出現の可能性、ということですが、私の研究テーマである「自我」「遺伝子・DNA」の延長上にある問題点について取り扱われており、コンピューターによる第三の自我を人間のDNAと比較しながら明快に問題点を論じています。 こういう事について、まじめに考え続けて、それを作品として作り上げる人がいるなんてびっくりしました。

この作品の中からいくつかキーワードを抽出すると、
○生命とは、情報(DNA)の流れの中に生まれた、結節点にすぎない
○現代科学は、「生命」の定義すら出来ていない
○種として、人はただ記憶によってのみ個人たり得る
○コピー(クローン)ではいけない。遺伝のプロセスの中では、環境の変化の中でも種が絶滅しないよう、遺伝の度に膨大な記憶情報を都度捨てながら、変化と柔軟性を持たせるために新しい融合された遺伝子を作り出す機能を持っている。

こんなセリフが随所に出てきます。 子供だけでなく普通の大人も言っている意味が分からない人が殆どでは無いかなと若干心配もするのですが、とにかく多くの人に見ていただきたい傑作です。

「となりのトトロ」といい、この「ゴースト・イン・ザ・シェル」といい、世界中で日本人にしかできないすばらしい映像作品であり、日頃すべての面で自信喪失気味の日本にとって、これは世界に誇れる「日本から世界に向けたメッセージ」として自信を持って良いのではないかと思います。

この作品の衝撃的な結末を申し上げるわけには、いきませんが、「衝撃的」と感じるかどうかによって、作品全体の理解度が分かるような気がしますが、皆様の感想をお聞かせ下さい。

生命とは何か、遺伝とは何か、自我・意識とは何か、進化とは何かについてこの映画を見ながら考えてみるのもおもしろいと思います。 是非お薦めします。

5.人間とは何者か? 「意識の進化とDNA」 柳澤桂子著 地湧社

この本は、柳澤桂子氏という生命科学の科学者が、「人間の本質とは何か」という問いに対し、科学的なアプローチから答えを導き出そうと試みた画期的な本です。 非常に重大・難解なテーマについて、科学の基礎知識のない一般の人にも理解できるよう、若い男女の登場人物によって小説形式で話が進んでいき、とてもわかりやすく印象深く作り上げられている本です。
私にとっての生涯の研究テーマは、1.人間とは何者か 2.神とは何か 3.自意識とは何か と言うことなのですが、こういうテーマを考えていくとどうしても、「神」「霊魂」「超自然現象」等、オカルト的な事象を避けて考えを進めていくことは出来ず、自分自身、他人に対して考えを伝えることに非常に躊躇してしまうのですが、この本に出会い、自分の考えてきたことの方向性が間違いでないことに非常に勇気づけられました。
著者の柳澤女史も小さい頃から、「自分はいったい何者か?」と言うことに深く興味を抱き、科学者としてその問いに答えを出そうとされてきた方で、私と世代は違うにも関わらず、全く同じようなテーマを研究されてきた方がいらっしゃるのだと大変驚きました。
この本の中で私にとってもっとも大きな収穫は、「遺伝子に記憶は刻まれるのか?」という問いに対し明確に「遺伝子に記憶は刻まれる」と科学的に断言されたことでした。 以前私はある科学者に「遺伝子には記憶が残されているはずだ」と言ったら、即座に「それだったら遺伝子が神になってしまう」と否定されたことがあったのですが、まさにこの科学者が喝破したとおり、「遺伝子イコール神」と言うのが私の理論の中核を成す事柄であったので、この本によって私の考えてきた事柄の理論構成の確実性が大きく前進したように思います。 なぜ、遺伝子に記憶が残ると神になってしまうかと言う点については、話が非常に長くなってしまいますので、後日OPINIONのページに書きたいと思いますが、人間とは何かという、根元的な問いに対し、少なくともここ2000年の人類の歴史の中でも、科学的に研究されてきた形跡はありません。
古代の哲学にしても、今に続く宗教にしても、まず「今ある人間ありき」から話がスタートしているので、「人間社会」と「人間以外の社会」との関係については一切触れられていません。
21世紀には、そろそろこの根元的な事柄について、「人間」の衆知を集めて研究する必要があるのではないでしょうか? そうでなければ、数千年・数万年後の歴史学者から、「地球の環境を極端に悪化させ、自分(人間)以外の種に対して、残虐極まりない支配を行った悪魔のような生物」と規定されてしまうこととなるでしょうから。