3.どうして自動車の右車体に、右から左へ文字を書くの?

宮崎県のパトカーには、「察警県崎宮」と堂々と右から左へ文字が書かれています。 一体、自動車の右ボディーに右から文字を書けと誰が決めたのでしょう? 長さ数百メートルに及ぶ貨車ならともかく、せいぜい10数メーターのトラックに右から書く必要は全くないし、読みにくくてしょうがありません。 それより何より、車体に右から書く会社(公共団体を含む)のモラルが疑われます。 日本語は右から左に書き、電話番号や英文は左から書きと、全く節操がなくなっています。 確か、法律で日本語は左から書くと決まっていたはずですが、宮崎県警さんどうでしたっけ? でも、注意して見ると、「宮崎交通」等、バスやタクシー、トラックの中にも、ちゃんと左から書いている会社もありますので、その会社のレベルが分かるようで、面白いです。 ちなみに、宮崎でない他県のパトカーの、左車体に、「察警県○○」と書いてあったのを見たときは、怒りを通り越して笑い出してしまいました。 この県警では、「自動車には右から書く」と思い込んでいるようです。
「自動車に右から書くな!」運動をどこかやってくれないかなぁ。

※現在では、宮崎県警のパトカーには、ちゃんと「宮崎県警察」と書いてあります。

※いや、またまた宮崎県警のパトカーに、右から書きが復活しています! アホ!

2.なぜ日本においしいビールがないの?

どうして日本には、おいしいビールがないのでしょう。 ビールは本来、豊かな味とこくと香りがあって、銘柄ごとの個性を楽しむもの。 味も香りもなく、どのビールも見分けがつかないような日本のビールには幻滅です。
「辛口」とか言って宣伝してますが、どうしてビールが辛くないといけないのでしょう? 本来のビールは、辛さと逆の方向を極めるものでしょう?
日本のビールは、完全にアメリカの水みたいなビールのコピーですが、そのアメリカでさえ、今やバーやレストランでは最低6種類くらいの本格派ビールや地ビールをメニューに入れていました。

麦芽100%以外のビールは飲まないようにしましょう。 冷やしすぎもやめましょう。
キリンが、辛さではない「うまみ」を追求した100%麦芽ビール「素材厳選」を新発売しまして、ついに日本でもまともなビールを目指す競争が始まったのかと、喜び勇んで買ってみたのですが、味は薄く「えびすビール」以下でがっかりしました。 ネーミングも悪いですよね。 日本にも、ワインブームが来たのだから、ビールブームが来ないかなあ。
日本の消費者団体が騒がないのも不思議です。
【提案】
①100%麦芽ビール以外は、ビールと呼ばない法律(ドイツと同じ)を作る
②発泡酒の税率をビールと同一にする
③発泡酒の不買運動をする
④ベルギーを中心としたおいしいビールをレストランに置くようにする
⑤バーには、数種類のグルメ派ビールを置くようにする
⑥100%麦芽ビール以外は、家でも外でも飲まないよう心がける

ベルギーのビール「オルヴァル」を、330ml580円で、24本単位で通信販売で購入することが出来ますが、誰か共同購入しません?

1.先進国アメリカさん! いいかげんにメートル法を採用しましょう!

グローバルスタンダートが、世界のキーワードになってますが、その実、アメリカンスタンタードだと言われています。 社会システムや金融・経済面では最先端を行っているのに、いまだにアメリカでヤード・ポンド法を使っているのは、何とかして欲しい!
面積のスクエアフィートとか、気温のフェアレンハイトとか、全然分からんがっ!